既読スルーや未読スルーをする彼にやきもき どうしたら連絡がくる?

彼との関係改善

好きな人とLINEで楽しくお話していたのに、突然未読スルーされた。

彼とデートの約束をしようと思って日時を提案したのに、既読スルーされている。

喧嘩してしまったあと、連絡を無視されている。

あなたには、こんな経験がありませんか?

LINEなどのやりとりが途切れたら「どうしたんだろう?」と不安になってしまいますよね。

ましてや、なにかを決めるときに返事がこなくなったらやきもきしてしまうのも無理はありません。

かといって連絡が早くほしいとは言いづらかったり、言ってもまた既読スルーや未読スルーをされてしまったりと、女性としては頭を抱える問題でもあります。

どうしてあなたは彼から既読スルーや未読スルーをされてしまうのでしょうか?

その心理を男性目線から紐解いていきます。

彼が既読スルーや未読スルーをする自分本位な理由

彼が既読スルーや未読スルーをしてしまう理由は、大きく分けて「自分本位」「相手本位」のどちらかです。

自分本位な理由としては、以下が考えられるでしょう。

仕事や学業で忙しい

男性の脳は、ひとつのことしか集中できないようにつくられています。

女性の脳は複数のことを同時に行えるようにつくられているので、恋愛と友達づきあいと仕事や学業、すべてを両立してできるのです。

しかし、男性は例えば仕事に集中すると、どうしても他のことがおろそかになってしまいます。

従って、好きな人や彼氏が仕事や学業で忙しい場合、恋愛が後まわしになってしまうのです。

その結果、あなたへの連絡もついつい忘れてしまうのです。

趣味など没頭したいものがある

こちらも「男性はひとつのことしか集中できない」の典型例です。

しかし、仕事や学業は生きていくために必要なことだとしても、趣味に没頭したいという理由はなかなか理解しがたいかもしれません。

女性側からしたら「趣味をしたいなら恋愛する必要ないじゃん」と思ってしまうかもしれません。

ですが、趣味から得られる楽しさと彼女と一緒にすごして得られる楽しみはまた別物。

彼にとっては、どちらもなくてはならないものなのです。

既読スルーや未読スルーをされたなら、今の時期、彼は趣味に没頭したいのかもしれません。

返信が必要ないメッセージだと判断された

例えば「今日は夜空が綺麗で、星がたくさん見えたよ」というような、日常であったことを連絡されても、どう返事をすればいいのかわからない男性がいます。

また、あなたが「それじゃあ明日の17時にデートしようね」というメッセージを送ったとしたら、それで用件が完結しているので、彼はわざわざ返信をする必要がないと思っているのかもしれません。

喧嘩後のクールダウンをしている

これは既読スルーや未読スルーをされる前に、あなたと男性が喧嘩や言い合いをした場合です。

その場が収まっても収まらなくても、男性は自分の感情を落ち着けるためのクールタイムを必要とします。

感情を落ち着けることで、冷静な視点であなたと自分の関係性を見つめ直したいからです。

女性は割と早く立ち直る傾向が強いのですが、男性はショックを受けるとしばらく引きずります。

ですが、感情的になってはうまくいくものもうまくいかないと理解しているので、クールタイムを設けて、問題解決のための準備をしているのです。

 

彼が既読スルーや未読スルーをする相手本位な理由

彼女に飽きた

飽きっぽい男性だと、かなりの高確率でこの理由に当てはまります。

あなたのことが嫌いになったわけではなくむしろ好きなのですが、なんだか物足りなさを感じて、他のことに目を向けてしまいます。

その結果、連絡がおろそかになるのです。

彼女のことが好きじゃなくなった

本当に好きな相手としか付き合いたくないという男性の場合、あなたを恋人にしていいのか、あるいは恋人関係を続けていいのか迷っていることがあります。

迷いながらも、LINEのやりとりを中断させるのは申し訳ないので、あなたとの連絡は続けます。

しかし、相手のことが好きじゃないと気づいてしまったとき、男性は直接それを伝えるのが怖くなり、あなたとの連絡頻度を落とし、しまいには既読スルーや未読スルーという手段に出てしまいます。

メッセージをスルーすることで、「俺のことは諦めてください」「俺と別れてください」という思いが彼女に伝わってほしいと願っているのです。

 

連絡をもらうためにすべきこと

返信が必要ないメッセージだと判断された場合

気にしないことです。

彼はあなたからのメッセージで用件は終わったと思っているので、返信を催促するのは彼に心理的負担をかけることになります。

用事があれば、自然と彼から連絡が入ることでしょう。

もし、まだ用件が終わっていないのだとしたら、「追加で連絡なんだけど……」など、まだ話は続いていることを示唆するメッセージを送れば、返信がくるでしょう。

仕事や学業で忙しい、趣味に没頭している場合

このケースは彼も悪気があって既読スルーや未読スルーをしているわけではないので、「いつもお疲れ様。私もがんばるから、あなたもがんばってね」などとあたたかいメッセージを1通入れて、あとは彼から連絡がくるまで待ちましょう。

ただし、何度も何度もあたたかいメッセージを入れると男性が「寂しがらせちゃっているなぁ」と申し訳なさを感じてしまうので、やたらと連絡するのは控えましょう。

あなたの中で彼が占める割合が大きすぎるので、あなたは既読スルーや未読スルーに敏感になってしまうのです。

待っている間、あなたも美容や読書など、別のことに打ち込んで自分を磨いておきましょう。

彼のことを頭の中から自然と追いだせたとき、向こうから連絡がくることでしょう。

喧嘩後のクールダウンをしている場合

喧嘩が起こるのは決して良くないことではありません。

むしろ、お互いの主張をぶつけることで「この人はこういう考え方なんだ」と理解できるので、仲直りの手順さえ間違わなければもとのように仲良しでいられます。

関係を修復するためには、お互いの感情を落ち着ける必要があるので、連絡はしないでいったん距離を置きましょう。

その間、どうして喧嘩が起こったのか、自分は相手のなにに許せなかったのか、逆に相手は自分のなにを許せなかったのかを分析します。

そして、今後自分はどのようにすべきかを見つめ直し、実際にその行動を起こせるようにしておきましょう。

同じことを二度も三度も繰り返されると、どんなに温厚な男性でもさすがにイラッときてしまいますので、もし自分に原因がある場合は自分の見つめ直しはしっかりと行いましょう。

彼もその間はクールダウンをしているので、終われば自然と連絡がきます。

連絡がない場合は、自分の感情が完全にフラットになったと確信した時点でこちらから連絡を入れましょう。

特に、自分からアクションを起こしづらい男性の場合は、あなたから連絡を入れないと関係が終わってしまう可能性が高まります。

その際は喧嘩を思い起こさせない内容が好ましいです。

すると、彼も安心して返信してくるでしょう。

「私はあの喧嘩を経て素敵な人間に変わったの」ということは、態度で彼に示していきましょう。

彼女に飽きた、彼女のことが好きじゃなくなった場合

もし彼に「飽きたから」という理由で既読スルーや未読スルーをされたら、あなたは悲しく感じるでしょう。

ですので、この場合はあなたから連絡はせず、自分の興味があることをゆっくりと探して、見つかったらそれに没頭しましょう。

そして、「彼がいなくても私は楽しい」ということを遠回しにアピールします。

人はなにかに真剣に取り組む人を魅力的だと感じますし、今までのあなたとは違う一面を見せれば、彼は「まだ追いかける価値がある」と感じて再び興味を持ちます。

つまり、前より一層魅力的になったあなたを知り、あなたを離したくないと思った彼が連絡を入れてくるのです。

ただ、彼の気持ちが完全に冷めている場合は、連絡を入れてこないかもしれません。

そういうときは彼とはうまくいかなかったと判断し、次の恋に向けて関係を終わらせるのも手です。

 

既読スルーや未読スルーされたときこそ現状を見つめて

他人を変えることは至難の業です。

既読スルーや未読スルーをする彼に連絡をマメにするよう要求しても、一時的に良くなればそのうちまた元に戻りますし、なにより彼があなたに対して「いちいち連絡のことを気にしないで自分の時間を楽しんでほしい」と思ってしまうので、得策ではありません。

また、既読スルーや未読スルーされたからといって、そのままずーっと待っているのもしてはならないことです。これはあなたの時間がただ浪費されるだけで、非常にもったいないからです。

あまりにも連絡無精な場合は別ですが、彼から既読スルーや未読スルーをされたときはスルーされた理由を踏まえて、どう対策をとれば良いのかを考えて冷静に実行しましょう。

 

それでも連絡がこなくて既読スルー・未読スルーが続くなら

ここに書かれたことを実行しても納得した結果が得られなかったのなら、電話占いFeelの利用をオススメします。

電話占いときくと「本当に効果あるの? あやしいサイトじゃないの?」と思うかもしれませんが、Feel(フィール)は実在する会社が運営元で、占いの精度はもちろん、サポート体制も手厚いと評判です。

恋愛トラブルは理論だけでは解決できないこともあります。そんなときにこそ、Feel(フィール)の電話占いが役立つでしょう。

事実、電話占いによって恋愛関係のトラブルが改善したという事例が多々あります。

ぜひあなたも体験してみませんか?